2022年コムローイ3会場比較結果

2022年コムローイ3会場比較

2022年は3カ所で開催されましたが、問題が多かった年になります。

一番大きな出来事はCAD会場でシンボルでもある仏塔の火災になります。
仏塔は紙と板で制作した虚像ですが、コムローイ上げ時に引火して激しく燃えて全焼消失しまいました。
新会場では風通りが強くコムローイが横に流されやすい状況もあり、避難する場面もあったようです。
未整地なところへ会場を設置したことで、地面が凸凹なこともあり安全面の不備が露呈した会場になります。

パノラマ会場では、基本的なことの会場全体の照明不足による暗さ、灯籠の不足で流すことができない、
食べ放題だが料理の追加不足、進行の不手際やわかりにくさ、スタッフの少なさなどの準備や経験不足による
全体的な質の低さがありました。

メーリムのノーザンスタディセンター会場では灯火棒に火をつける時差があったり、カウントダウンを始める
タイミングが早すぎたことや”5秒前”からの開始したことで、上げるタイミングが遅れた方がみられました。
最初のタイミングがずれたことで、例年と異なり2回目以降の一斉上げもばらばらになりがちでした。
2日目には火付けやカウントダウンの数を増やして対応してますが、1日目は過去にないような揃わない
状況となってしまいました。

2022年の情報として、良くない情報を書き出してますが、どの会場も特徴としては良い所もあります。
ただ、コムローイ上げイベントとしてまとめて良くないイメージを認識されるのではなく、各会場によって
対応や特徴や方針に違いがあることを確認した上で、満足できやすい会場や方法の理由を踏まえて事前に確認ができれば、2023年以降で年に1回しか体験できない状況の中で、良い会場選択ができやすいとの理由からあえて欠点を掲載しております。(年一回としたのは同じ会場では1日目と2日目では主催の問題解決対応による認識で異なる状況になるからです)

当サイトでは開催前では比較予想、開催後では、タイではイメージと実際の状況では異なることが多いことから、確認できる限りでの ”結果” としてのページになります。

基本情報
2022年の公式名称Chiangmai
Sky’s Lantern Festival
Chiangmai CADYeepeng Lanna Festival
日本人向け通称
(日本人間のみ)
イーペンメーリムラーンナー王朝
コムローイ伝承祭り
ガッサンレガシー
ガッサンパノラマ
2022年の会場名ダッチファーム から変更で
ノーザンスタディセンターへ
グーグルマップはこちら
Chiangmai Flower field [新]
(マハナコーンドークマイ)
グーグルマップはこちら
ガッサンパノラマゴルフ場グーグルマップはこちら
地区名メーリム地区へ変更サンパトーン地区ランプーン地区
過去の関連会場ダッチファームChiangmai air sport farm
Cowboy army riding club
ガッサンレガシーゴルフ場
ドイティ寺院、など
開催日8日と9日8日と9日8日のみ、9日中止に変更
コムローイ数一人2つ一人2つ一人3つ
灯籠流し自然に流れる小川ため池水場
初開催年2017年2018年2020年
コロナ対策
緩和で検温とマスク着用不明不明
  • 似たような公式名称、通称、会場の場所変更などでわかり難く主催ごとにまとめています
  • 会場名の( )はタイ語の日本語読み名
  • コロナ対策のSHA Plusは共通取得済、他明確に公開されている基本内容になります
近年の募集人数と実参加人数と規模
2019年募集数(実参加数)5000席(完売/空き有)5000席(少し空き/空き有)未開催
2020年募集数(実参加数)5000席→3000席
(約1900名)
5000席→減少
(700-1300名)
3000席→減少
(500名以下)
2021年募集数(実参加数)5000席→中止5000席→中止不明席(200-250名)
2022年募集数約3500席3500席2000席
2022年実参加数8日約1500名/9日約300名8日1500~1700名/9日不明8日約800名/9日中止
2022年客層90%以上が日本人日本人多め/西洋人も少数西洋人/アジア人/多国籍
  • 規模として、コムローイが上がる総数=参加人数×コムローイ数と案内も見かける事がありますが、
    一度に見れる数は限られるために比較では募集数と参加人数が基準になります
    2020年以降はコロナ禍により募集数と参加人数の差があります
  • 2022年は開催条件として、席間隔幅の指定がありどの会場も通常時よりも募集数は減少
  • より綺麗に見れるコツは当日の参加人数と上げるタイミングが合うかどうかの会場次第
  • どの会場も2018-2019年がピーク、以降はコロナ禍で減少になり、開催会場場所も淘汰が2022年状況
  • 2022年は日本人層が2会場に分かれたことで、CADの人数が増えたが安全面での問題があり
  • 2022年のパノラマの人数が増えたのは某日系会社がパッケージ先会場として手配をしたため

 

会場内の特徴
一斉上椅子以外の休憩場日陰や地面種ござ/椅子
木影あり/芝/土
ござ席多め
ほぼ日向/土/一部芝
2021年は無し
陰場少し有/芝/土/舗装
お手洗い既存設置簡易設置と既存設置入場場制限あり不明
司会進行(2019年迄参考)台本あり日本人でわかり易い日本語は少しわかり難い台本なくその場対応
進行案内言語日本語/英語/タイ語日本語/英語日本語/英語/他?不明
コムローイ上げ席配置縦長仏塔中心に円形人数により縦長
上げ予定時刻20時過ぎ20:15頃20時頃か20:45頃(不明)
座席間隔開催条件に付き広め開催条件に付き広め開催条件に付き広め
食事スタイルビュッフェ籠セット&ビュッフェ一応ビュッフェ(不足)
雨天時水はけ良い/雨宿り場あり足場悪い/雨宿りほぼなし足場不明/少数雨宿り有
主催の開催意図の性質快適になる様に常に改善自然対応と北タイ文化体験まずは挑戦で経験不足
  • 一斉上げ場所の椅子は上部がひらけており、日陰がない場所となることで日中の休憩は不向き
    渋滞を避けるために早めに到着しても日陰や休憩場所がないと体力を消費して楽しさ半減
  • お手洗いは座席移動前、コムローイ上げた後の帰りに集中混雑します(混雑避けはこの時間外にて)
    どの会場も対策しており2019年以前での人多さもないことで2022年では重要度低め
  • 司会進行での最重要はコムローイに触れて上げる前の準備、上げるタイミングと合図の案内になり、
    参加人数が多いほど過去に対応してきた司会者の経験や案内のわかりやすさが重要になります
  • 雨天は当日のみではなく開催の2‐3日前の天気も重要になります
    水はけが悪かったり、芝でなく土が多い会場では足元が気になり楽しさ半減
    ノーザンスタディセンターは天候に影響されにくい場の検討、CADは無から整地の方針性で対応
  • 客層で日本人が多い場合は一斉上げのタイミングが合いやすい傾向があります
  • 各会場内での体験事や催しの質に大差はなく重要度は低め
料金と送迎
席タイプスタンダード/VIPスタンダード/VIP/
プレミアム
スタンダード
2020-2021年の価格(送迎込)4299/6299バーツ4600→3200/5900/6400バーツ2999バーツ
2022年参考小売価格(送迎込)4299/6299バーツ4600/5900/6400バーツ3999バーツ
当サイト特別価格と募集4100/5900バーツ
(条件でさらに割引有)
無し無し
主催送迎車種エアコンボックス車ソンテウ/ボックス車エアコン大型バス
送迎なし割引300バーツ引き300/400バーツ引き不明
子供/幼児条件2019年以前生まれ/
2017年以前生まれ
8歳未満無料5歳以下/10歳以下
子供価格1999バーツなし1999バーツ
主催送迎集合場所Mercure hotel周辺Maya
ショッピングセンター
Lotus Pang Suang kaew Hotel
主催送迎場所からの距離約13キロ約32キロ約30キロ
主催送迎場所からの時間20‐30分40‐50分30‐40分
過去の主催送迎わかり易さわかり易い/復路一時混雑わかり難い/往路混雑/復路不明案内少なめ
個人車での駐車場駐車場有駐車場有駐車場有
帰りの会場周辺渋滞人数により少しあり新会場の駐車場と誘導次第参加人数次第
  • 指定席から舞台ショーを近くで見たい方は良い席タイプがおすすめ
  • ボックス車やバスはエアコン付き、大型バスは待ちが長かったり利便性に欠ける時あり
  • チェンマイ市街からの所要時間はロイカトン時期の混雑や時間帯によっても異なり、
    幹線道路に出るまでの市街の道路状況により大きく左右され、早めの移動がおすすめです
  • 帰りの会場周辺渋滞は、係員の誘導有無や明確さと一般道まで出る道の広さによります
  • 行きは参加人数により事前にある程度人数が把握できます。
    他はどれだけ時間の幅を持たせられるかと経験による対応次第になります。
    2022年のCADは16時から送迎ですが、その時点で行列ができており、すでに対応ができない状態。
    初手を間違うと、その後に改善するには2倍以上の対応や人員が必要になります。
    往路(行き)で問題が起こる会場では、帰りではさらに短時間で集中して問題が起こりやすくなります。

過去に開催や予定されていたが近年では未開催

イーペンサンサーイトゥドンカサタンランナー会場 サンサーイ地区
入場無料で会場内でコムローイを買うことが条件の幻の参加自由の一斉上げ。
メージョー大学との情報が広まっていたが、実際には2キロほど離れた宗教施設。
人だかりで会場には入れず、付近の道路から上げたり、最多数は1.5~2万人と予想。
帰りに会場周辺の大渋滞で動けずに2時間かかったなどはこの時の事になる。
2013年を最後に下記のイーペンランナーインターナショナルのみになり終了。
イーペンランナーインターナショナルトゥドンカサタンランナー会場 サンサーイ地区
2011年より開始した有料の外人向けの一斉上げイベント。
上のサンサーイと会場は同じで1週間ずらして開催をしていた時期もあり。
メージョー大学の学生をバイトスタッフとしてたことで場所の大学説が加速していた。
2018年にピークの6000席、2019年は許可が約45日と開催までの日数が短くなり2500‐3000席、
2020年以降は許可が出にくい地区、宗教関連問題などで開催されず。
イーペンインドイサケットドイサケット温泉会場 ドイサケット地区
2016年に上のトゥドンカサタン会場以外で初めて開催された一斉上げイベント。
500席から徐々に数を増やし2020年には3000席となったが、会場の水はけ問題や
コロナ禍により2021年以降の開催はなし。
ドイティ寺院ドイティ寺院会場 ランプーン地区
2016年にイーペンランナーの会場以外で初めて開催された一斉上げイベント。
コムローイが大人仏像の背後へ流れていく風景はここだけの特徴。
会場の最大規模が約850名と小規模でコロナ禍もあり2020年以降開催なし。
ホライズンビレッジホライズンビレッジ会場 ドイサケット地区
主催はバラバラだが2017‐2018年頃に開催、2019年以降は開始無し
ガッサンレガシーゴルフ場ガッサンレガシーゴルフ場会場 ランプーン地区
2020年に一時開催予定となった会場だが中止。
パノラマと同系列のゴルフ場でレガシーの名前だけがこの由来で現在に至る。
他、ファイトゥンタオ貯水池、ラチャプルック会場、ドイサケット寺院など一過性
開催1回で終了や計画のみなど2017ー2018年頃に行われたり開催予定地となった。
チェンマイ市街ターペー門やピン川沿いの橋など
一斉上げ目的ではないが2017年頃まではコムローイを自由に上げることができました。
しかし、2018年以降は上げることができる日や時間帯やエリアの指定、
その後も条件が年々厳しくなり、2020年以降には規則だけでなく実際にも市街では上がる様子は
見られなくなりました。
ノーンブアプラチャオルアン公園ノーンブアプラチャオルアン公園 ドイサケット地区
一斉上げでなく個別でコムローイを上げれる会場として2022年8‐9日で開催。
無料会場と言われることもあるが、一斉に上げることが目的でなく、地元の人が個々で上げて楽しむ。
湖上に無数の灯火は見ごたえあり。
2020年の様子はこちら
パンタオ寺院の儀式パンタオ寺院 チェンマイ旧市街内
大木に鮮やかでカラフルな灯篭が掛けられ、その下で僧侶が読経したりコムローイを上げていたイベント。
2019年を最後に以降の2020‐2022年は開催なし。

・ダッチファーム会場のコムローイ一斉上の予約はこちら
・2022年のノーザンスタディセンター会場のマップはこちら
・2022年質問集と補足案内はこちら
・2022年イーペン情報と無料場所はこちら